セカンドオピニオンについて

「手術をすすめられたけど、どうしよう」
重大な決断をしなければならないとき、他の専門医に相談したいと思うのは当然のことです。医師から説明を受けても、情報も知識もない患者様やご家族にとっては治療法の決定をできなかったり、不安を覚えることと思います。

医療は日進月歩で新しい治療法が次々に生まれています。その結果、医師によってあなたの病気に対する考え方が違うことがあります。また、医師や医療機関によって、治療は同じとは限りませんし、医療技術や診療の質に差があることも考えられます。

  • 担当医に、診断や治療方針の説明を受けたが、どうしたらいいか悩んでいるとき
  • いくつかの治療方針を提示されているが、迷っているとき
  • 他に治療法がないかを知りたいとき

このような場合に、ご自身で納得して、ご自身にとって最善だと思える治療を選択し受けるために、セカンドオピニオンを希望されてみてはいかがでしょうか。

セカンドオピニオンとは、直訳すれば「第二の意見」ということで、具体的には、よりよい決断をするために診断や治療方針について今かかっている主治医以外の医師の意見をきくこといいます。

同じ手術をするとしても、「どんなリスクがあるのか」「ほかにどんな選択肢があるのか」を知っている方が、納得して治療を受けることができます。

当院は必要に応じ、他の医療機関へのご紹介も行っております。また、他院にかかられている患者様が当院にセカンドオピニオンを希望される場合は、診療情報の提供を含めて協力いたします。

当院ではセカンドオピニオン外来を開設しておりませんので、通常の診察を受けていただくことになります。受診される方は、かかっている主治医へ当院宛の「診療情報提供書」の作成を依頼し、その書類と保険証をお持ちになってご来院ください。

初診のご案内はこちら