当院の方針

当院では甲状腺、副甲状腺、乳腺の診療を行っております。 患者の皆様の権利を守るため、当院は次のような方針で運営します。

1.インフォームド・コンセントの徹底

医師は、診断、治療方針について患者の皆様が納得いくまで説明を行っております。もし、納得できないこと、判らないことがあれば、担当の医師にご遠慮なくお尋ねください。医師から提案された治療法に納得がいかない場合は拒否できます。この際、当院では代わりにどのような治療法があるかを明確にご説明いたします。なお、医学的に妥当ではない治療は当院では行っておりませんので、あらかじめご了承ください。

2.患者の皆様による医師の選択

当院では相性の良い医師を探すことができます。何かご不満がある場合には他の医師に変更することが可能です。また、担当以外の医師に相談することもできます。医師の変更や、他の医師への相談をご希望の方はインフォメーションまたは医療相談室までお申し出ください。

3.他院との連携

必要に応じ、当院から他の医療機関へのご紹介を行っております。他の医療機関にかかっておられる方でも、当院に現在の治療法で良いか相談していただけます。治療は今までどおりの医療機関で受けていただいて問題ありません。

4.病名告知の徹底

当院では、診断名、治療法、今後の見通しについて、はっきりありのまま告げる方針にしています。なぜならば患者の皆様が本当のことを知って治療を受けられることが大切だと考えるからです。

5.医療相談室の設置

当院では、看護本部本部長による医療相談室を設置しています。病気のことはもちろん、個人的なお悩み(ご自身の心の問題、ご家族や職場のお悩み等)の他、治療についての不満や、担当医師と相性が合わないといった直接医師には言いにくいこと等、どのような内容でもお気軽にご相談ください。当院にはカウンセリングセンターも設置しています。ご希望により医師を通じて紹介いたします。まずはインフォメーションまでお申し出ください。

6.個人情報の保護と情報開示

当院では、個人情報の保護に積極的に取り組んでおり、個人情報の利用目的に関して皆様に公開しております。また、当院が有する個人情報はご本人様へ開示しています。詳しくは「隈病院における個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。ご不明な点があれば医療相談室へお気軽にご相談ください。

隈病院における個人情報の取り扱いについて

当院から皆様へのお願い

安全でよりよい医療を実現するためには、医療従事者だけではなく、来院された皆様のご協力が不可欠です。そこで当院では次のことをお願いしています。

    • ご自身の健康に関する情報はできるだけ正確にお伝えください。
    • 治療に関して十分質問をして、理解した上で治療をお受けください。
    • 当院からお渡しする書類がご本人のものか必ずご確認お願いします。
    • 他の患者の皆様や、当院の診療に支障をきたすことが無いよう、
      病院のルールや社会的ルール、病院職員の指示をお守りください。

輸血を拒否される患者のみなさまへ

宗教上の理由などにより輸血を拒否されるすべての患者のみなさまに対しまして、当院では下記の方針で診療いたします。

      • 輸血以外に救命手段がない事態に至った場合には輸血を行います。
      • いかなる場合も「絶対的無輸血治療」は施行いたしません。
      • 当患者さんがお持ちになる「免責証明書」など、「絶対的無輸血治療」に同意する内容の書類には、当院の方針に従い医師は署名いたしません。

 

2016年2月4日 隈病院倫理委員会