甲状腺とは

甲状腺とは

甲状腺は首の前部、のどぼとけのすぐ下にあり、重さが16〜20g、大きさが縦4.5cm、横4cmの臓器です。 正面から見ると蝶の形に似ています。気管や食道とはつながってはいません。

甲状腺ホルモン(T3、T4)という体に必要不可欠なホルモンをつくっています。

甲状腺と脳下垂体について

甲状腺は脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(TSH)によって甲状腺ホルモン分泌の調節を受けています。
たとえば甲状腺が働かなくなり甲状腺ホルモンの分泌が低下すると、血液中の甲状腺ホルモン濃度が低下します。脳下垂体はそれを感知して甲状腺刺激ホルモンをたくさん分泌します。

反対に血液中の甲状腺ホルモン濃度が上がりすぎると脳下垂体は、それを感知して甲状腺刺激ホルモンの分泌を減らします。(ネガティブフィードバック)

甲状腺ホルモン

脳下垂体の異常によっても甲状腺ホルモンの分泌は変化します。
脳下垂体の働きが悪くなると、甲状腺刺激ホルモンの分泌が低下するために甲状腺の機能は低下します。

脳下垂体に甲状腺刺激ホルモンを分泌するような腫瘍ができると、甲状腺は刺激を受けて甲状腺ホルモンをたくさん分泌します。

病気について