やせ薬について

2002年7月に、健康食品と称した痩せ薬による健康被害のケースが続々と明るみにでました。中には亡くなった方もおられたのをご存じの方もいらっしゃるかと思います。これらの健康食品には、N-ニトロソフェンフルラミンという食欲抑制剤や甲状腺ホルモンが含まれていることがわかりました。それらを服用した方々は、肝機能障害や甲状腺機能障害を引き起こしました。

甲状腺ホルモンが多くなる病気では、体重が減ってしまうことがよくあります。この作用を悪用して甲状腺ホルモンが含まれた健康食品(痩せ薬)が作られました。恐らくこのような健康食品の中に含まれる甲状腺ホルモンは、動物(ブタやウシ)の甲状腺を乾燥させたものでしょう。

これを服用することによって体重は簡単に減りますが、体内に甲状腺ホルモンが過剰にあると様々な合併症が起こります。不整脈(心房細動:血液の塊ができ脳梗塞などが起こる病気)・心不全(心臓が働かなくなる病気)・骨粗鬆症(骨折しやすくなる病気)などが起こり、稀ではありますが突然死することもあります。また、アメリカではフェンフルラミンを内服した患者様の多くが心臓弁膜症(心臓の中の血液の流れが逆流して心臓の機能が落ちる病気)や肺高血圧症(肺の中の血圧が上がり、呼吸困難など体内の酸素不足が起こる病気)を発症したため、1997年に使用禁止になりました。

しかし、これらの健康食品の成分表には、このような食欲抑制剤や甲状腺末が含まれていることは一切表示してありません。また、これらは個人輸入したものを口コミなどで手に入れていることが多いため、副作用が出ても責任は個人個人で負わなければなりません。

これまで多くの患者様から様々な痩せ薬についての相談がありましたが、私たちの感想としては、“効果のある痩せ薬は非常に危険(副作用がでる)”ということです。楽に体重を減らす為に安易にこのような痩せ薬を使用すると健康を害するだけでなく、命まで失ってしまうことがありますので絶対におやめください。

病気について