遺伝子解析について

当院の研究科では、一部の疾患において遺伝情報を用いて病気を診断したり、治療法を決定することでより確実な診断・治療を行うために遺伝子解析を行っております。

遺伝子の解析方法

遺伝子の解析が必要と診断された場合、その疾患に応じた病気の説明と、どうして遺伝子の解析が必要なのかを担当医師が説明します。次に書面で遺伝子解析についての同意をお願いします。同意が得られた患者様に対してのみ遺伝子解析を行います。

解析には血液を用いますが、通常の採血と何ら変わりありません。採血した血液からDNAを抽出し、目的遺伝子の増幅を行い解析します。目的遺伝子の種類にもよりますが約2週間で結果がでます。

現在当院では無料で検査させて頂いています。

当院で解析を行っている遺伝子の種類と関連疾患

  • RET 遺伝子:甲状腺髄様癌 と 多発性内分泌腫瘍2型 の診断
  • MEN1 遺伝子:副甲状腺機能亢進症 と 多発性内分泌腫瘍1型 の診断
  • TR-β1 遺伝子:甲状腺ホルモン不応症 の診断
  • CaSR 遺伝子:家族性低カルシウム尿性高カルシウム血症 と 副甲状腺機能亢進症 の区別に有用

これらの遺伝子に関わる疾患においては、病気の診断・治療に遺伝子診断が欠かせません。当院の研究室ではこれら甲状腺疾患における研究を今後も臨床の場に反映させていこうと考えております。

病気について