ENGLISH

HISTORY患者の皆様中心の医療を
目指して歩んだ道のり
HISTORY患者の皆様中心の
医療を目指して
歩んだ道のり

隈病院は「患者の皆様中心の医療」を理念に掲げ、挑戦と革新を繰り返してきました。
歴代3人の院長を中心に、より良い医療を追求し、
現在も甲状腺専門病院としての存在感を高め続けています。
達成してきたさまざまなイノベーションとともに、私たちのあゆみを紹介します。

初代院長 隈 鎮雄誕生

1890

初代隈病院院長 隈 鎮雄誕生。もとより、甲状腺医学に強い関心を持っていた初代院長は、九州大学卒業後、大分県の野口病院副院長を経て、神戸・花隈の地で隈病院を開院しました。 プライベートでは、生涯を通して俳句を愛し、文化人として知られるという一面もありました。

初代隈病院院長 隈 鎮雄

神戸大空襲

1945

神戸の街は3回の空襲により甚大な被害を受けますが、隈病院は焼けることなく診察を再開。太平洋戦争勃発時に、隈病院の全医師が軍医として召集されるも、終戦時には全員が無事に復員しました。

二代目院長 隈 寛二 就任、
甲状腺専門病院へ

1966

隈 寛二が院長に就任すると、隈病院は一般外科を廃止し、甲状腺専門病院としての道を歩み始めました。

二代目院長 隈 寛二

第一期改修完了
甲状腺がんの
アイソトープ療法開始

1986

木造から鉄筋コンクリートへ建て替え、病床は25床から57床に。同時に、甲状腺がんのアイソトープ医療をいち早く開始しました。

病床は25床から57床に

特定医療法人化

2000

『多くの人に「幸せ」な医療を届けつづけたい』という開院当初から隈病院の根底を流れる理想を叶えるため、特定医療法人化という道を選びました。

第二期改修完了

2005

長年にわたる大規模改修が完了し、病床数58床に増床。患者の皆様が快適に通院できることはもちろん、スタッフ一同が誇りを持って働ける新病院が完成。同時に電子カルテシステムを導入しました。

第二期改修完了

院内保育所こぐまえん開園

2016

院内保育所「こぐまえん」開園。
企業主導型保育事業として内閣府から許可を得ています。院内スタッフがより安心して働けるための取組みの一つです。

院内保育所こぐまえん

神戸・花隈に隈病院開院

1932

初代院長である隈 鎮雄により神戸・花隈に隈病院を開院。当時は甲状腺を始め、外科一般、内臓外科など幅広い領域を担当していました。また、インフォームド・コンセントの概念のない時代から「バセドウ氏病通俗談」を発行するなど患者の皆様を中心とした医療を当時から提供していました。

開院当時の新聞広告開院当時の新聞広告

バセドウ氏病通俗談バセドウ氏病通俗談

アイソトープ療法を
いち早く取り入れる

1954

初代院長の子息・隈 寛二が甲状腺外科医として常勤医となり、手術で治療実績を増やす一方で、内科的治療やアイソトープ療法など甲状腺疾患に対する新たな取り組みを積極的に取り入れました。

医療法人神甲会設立

1981

個人病院から法人へ。医療法人神甲会設立。
初代理事長に隈 寛二が就任。

甲状腺微小がんの経過観察
を続ける臨床研究を開始

1993

宮内 昭(当時非常勤医)のもと、甲状腺微小がんに対してアクティブサーベイランス(非手術積極的経過観察)を取り入れた研究を開始します。
この研究は世界的にも注目を集め、現在日本やアメリカのガイドラインにおいて、甲状腺微小がんは経過観察でも良いとされています。

三代目院長 宮内 昭 就任

2001

宮内 昭が三代目院長として就任。
二代目院長 隈 寛二は名誉院長として診療を続けました。

三代目院長 宮内 昭

二代目理事長 隈 夏樹 就任

2010

二代目院長の子息・隈 夏樹が理事長に就任。
病理診断科、乳腺外科、内分泌内科、放射線科などの標榜科目が新たに開設されました。

二代目理事長 隈 夏樹

隈病院創立 85周年

2017

創立85周年を迎えた隈病院。これからも「患者の皆様中心の医療」のために挑戦と革新を繰り返し、進化し続ける病院を目指していきます。

隈病院創立 85周年

1890

初代院長 隈 鎮雄誕生

初代隈病院院長 隈 鎮雄誕生。もとより、甲状腺医学に強い関心を持っていた初代院長は、九州大学卒業後、大分県の野口病院副院長を経て、神戸・花隈の地で隈病院を開院しました。 プライベートでは、生涯を通して俳句を愛し、文化人として知られるという一面もありました。

初代隈病院院長 隈 鎮雄

1932

神戸・花隈に隈病院開院

初代院長である隈 鎮雄により神戸・花隈に隈病院を開院。当時は甲状腺を始め、外科一般、内臓外科など幅広い領域を担当していました。また、インフォームド・コンセントの概念のない時代から「バセドウ氏病通俗談」を発行するなど患者の皆様を中心とした医療を当時から提供していました。

開院当時の新聞広告開院当時の新聞広告

バセドウ氏病通俗談バセドウ氏病通俗談

1945

神戸大空襲

神戸の街は3回の空襲により甚大な被害を受けますが、隈病院は焼けることなく診察を再開。太平洋戦争勃発時に、隈病院の全医師が軍医として召集されるも、終戦時には全員が無事に復員しました。

1954

アイソトープ療法を
いち早く取り入れる

初代院長の子息・隈 寛二が甲状腺外科医として常勤医となり、手術で治療実績を増やす一方で、内科的治療やアイソトープ療法など甲状腺疾患に対する新たな取り組みを積極的に取り入れました。

1966

二代目院長 隈 寛二 就任、
甲状腺専門病院へ

隈 寛二が院長に就任すると、隈病院は一般外科を廃止し、甲状腺専門病院としての道を歩み始めました。

二代目院長 隈 寛二

1981

医療法人神甲会設立

個人病院から法人へ。医療法人神甲会設立。
初代理事長に隈 寛二が就任。

1986

第一期改修完了
甲状腺がんの
アイソトープ療法開始

木造から鉄筋コンクリートへ建て替え、病床は25床から57床に。同時に、甲状腺がんのアイソトープ医療をいち早く開始しました。

病床は25床から57床に

1993

甲状腺微小がんの経過観察を続ける臨床研究を開始

宮内 昭(当時非常勤医)のもと、甲状腺微小がんに対してアクティブサーベイランス(非手術積極的経過観察)を取り入れた研究を開始します。
この研究は世界的にも注目を集め、現在日本やアメリカのガイドラインにおいて、甲状腺微小がんは経過観察でも良いとされています。

2000

特定医療法人化

『多くの人に「幸せ」な医療を届けつづけたい』という開院当初から隈病院の根底を流れる理想を叶えるため、特定医療法人化という道を選びました。

2001

三代目院長 宮内 昭 就任

宮内 昭が三代目院長として就任。
二代目院長 隈 寛二は名誉院長として診療を続けました。

三代目院長 宮内 昭

2005

第二期改修完了

長年にわたる大規模改修が完了し、病床数58床に増床。患者の皆様が快適に通院できることはもちろん、スタッフ一同が誇りを持って働ける新病院が完成。同時に電子カルテシステムを導入しました。

第二期改修完了

2010

二代目理事長 隈 夏樹 就任

二代目院長の子息・隈 夏樹が理事長に就任。
病理診断科、乳腺外科、内分泌内科、放射線科などの標榜科目が新たに開設されました。

二代目理事長 隈 夏樹

2016

院内保育所こぐまえん開園

院内保育所「こぐまえん」開園。
企業主導型保育事業として内閣府から許可を得ています。
院内スタッフがより安心して働けるための取組みの一つです。

院内保育所こぐまえん

2017

隈病院創立 85周年

創立85周年を迎えた隈病院。これからも「患者の皆様中心の医療」のために挑戦と革新を繰り返し、進化し続ける病院を目指していきます。

隈病院創立 85周年

KUMA HOSPITAL

〒650-0011
兵庫県神戸市中央区下山手通 8-2-35

お問い合わせ

外来
受付時間
初診の方(8:30〜11:00) / /
再診の方(8:30〜16:00) ~14:00 /
休診日:日曜/ 祝日/第2土曜