2016.04.26

宮内院長がJohns Hopkins大学病院で講演

当院院長宮内 昭がJohns Hopkins大学病院の内分泌外科のMartha Zeiger教授に招聘され、同病院のEndocrine Grand Roundsにて、2016年4月13日に講演して来ました。講演内容は、当院が1993年から世界で初めて取り組んできた「低リスク甲状腺微小癌に対する非手術経過観察」についてです。Johns Hopkins大学病院は、過去に連続20年以上全米病院ランキング第1位が続いた超一流の病院です。現時点でもランキング3位以内のようです。このような病院に招聘され、当院の先駆的な臨床取り組みの成果を講演する機会を得たことは、当院にとっても大変名誉な事です。写真は、講演の後の記念撮影。向かって右がMartha Zeiger教授、中央が宮内院長、左が甲状腺学の超大家David Cooper教授。

隈病院院長 宮内 昭
160426_0201

写真:右がMartha Zeiger教授、中央が宮内院長、左が甲状腺学の超大家David Cooper教授

隈病院ニュース