2017.11.27

Kobe Thyroid Lecture 2017を開催

さる11月25日(土)第27回臨床内分泌代謝Updateの終了後に、シカゴ大学のSamuel Refetoff教授をお招きして「Kobe Thyroid Lecture 2017」と名付けた講演会を開催致しました。Refetoff先生はシカゴ大学内科および小児科の名誉教授であり、同大学内分泌研究所の現役の所長です。甲状腺ホルモン不応症始め甲状腺ホルモンの調節、産生、細胞内輸送および作用に関する多くの異常症を見いだされた甲状腺内分泌学研究の第一人者です。講演会には、約50名の甲状腺に特に感心のある専門家にお集まり頂き、Refetoff先生ご専門の分野について、最近の進歩を含めてご講演を頂きました。講演後には多くの質疑応答があり、講演会は大盛会でした。また、講演会後の懇親会にも講演会参加のほとんどの先生方にご参加頂き、講演会に引き続き、Refetoff先生と親しく意見交換の出来る大変有意義な会となりました。
このような高名な先生を神戸にお呼びして講演会・懇親会をお世話する機会を得たことは隈病院の大きい誇りですのでご報告いたします。

2017年11月27日
講演会準備委員会:院長   宮内 昭
内科科長 伊藤 充
講演するRefetoff教授

講演するRefetoff教授

開催挨拶をする宮内院長

開催挨拶をする宮内院長

懇親会にてRefetoff教授ご夫妻と講演会準備委員と記念撮影

懇親会にてRefetoff教授ご夫妻と講演会準備委員と記念撮影

「Kobe Thyroid Lecture 2017」開催案内ポスター

「Kobe Thyroid Lecture 2017」開催案内ポスター

隈病院ニュース