2018.11.14

学術顧問 中村浩淑が守口市医師会で2月に引き続き特別講演

2018年11月9日(金)に当院学術顧問中村浩淑が守口市医師会学術集会でバセドウ病の特別講演を行いました。今年2月に「甲状腺疾患の見つけ方・検査の進め方」について特別講演を行ったのですが、非常に好評でぜひ続編を聞きたいとの要望が強く、再度の講演となりました。今回は「バセドウ病の診断と治療」について1時間余講演しました。診断のポイントとしてTRAbを確認することの重要性、また治療のポイントとして抗甲状腺薬はどの薬をどれだけから開始するか、治療開始前に患者さんにどのようなことを説明しておくべきか、副作用の注意、抗甲状腺薬はどのように漸減し、どうなったら休薬するか、休薬後のフォローアップはどうするか、妊娠・授乳のときはどうするかなどについて、症例を示しながら詳細に解説しました。今回も分かりやすい講演だったと大変好評でした。会場は満席の盛況で、医師会の先生方は熱心に聴講されていました。

隈病院ニュース