2019.03.02

第19回隈病院甲状腺研究会を開催

2019年3月2日(土)ホテルオークラ神戸にて第19回隈病院甲状腺研究会が開催されました。「急性化膿性甲状腺炎の病態と治療」を外科副科長舛岡裕雄が講演し、「下咽頭梨状窩瘻の病理とC細胞との関連」を病理診断科科長廣川満良が話し、これら2演題の座長を大阪市立大学乳腺・内分泌外科の小野田尚佳教授にお務め頂きました。さらに、「小児の甲状腺超音波検査」を臨床検査科田尻久美子が、「小児の甲状腺腫瘍」を内科医長笠原俊彦が講演し、これら2題の座長を島根大学医学部附属病院卒後臨床研修センター長の鬼形和道教授に座長をお務め頂きました。急性化膿性甲状腺炎は小児に多いが希な疾患です。隈病院と大阪大学第二外科の共同研究によって、このような患者の大多数に先天性の瘻孔である下咽頭梨状窩瘻があること、この瘻孔を通じて咽頭や口腔から甲状腺に細菌感染がもたらされることが世界で初めて明らかされました。つまり、隈病院で発見された疾患の一つです。さらにその後の当院での研究によって、瘻孔を摘出するか、舛岡が講演したように化学焼灼などで瘻孔の入口を閉じさせると炎症の再発がなくなることを報告しました。この疾患は小児に多いので、今回は講演内容を小児に絞り込んで、小児の超音波検査の注意点と小児の甲状腺腫瘍の成人とは異なる特徴を講演内容としました。いずれもかなり専門性の高い講演内容でしたが、約500人の参加者があり、熱心に聴講され、活発な質疑応答もありました。講演会の後は、隣室にて懇親会があり、いずれも大盛況でした。

会場の様子

会場の様子

挨拶する宮内院長

挨拶する宮内院長

講演する舛岡裕雄医師

講演する舛岡裕雄医師

講演する廣川満良医師

講演する廣川満良医師

講演する田尻久美子

講演する田尻久美子

講演する笠原俊彦

講演する笠原俊彦医師

隈病院ニュース