2020.04.21

穿刺吸引細胞診 (せんしきゅういんさいぼうしん)

甲状腺に細い針を刺して直接細胞をとる検査で、良性・悪性の鑑別には最も診断率が優れた方法です。痛みは、腕からの採血とほとんど同じです。通常4~6日でエコーガイド下に細胞診を行って、さらに正確な診断をめざしています。結果はなるべく早くご報告しております。

関連項目