2021.08.25

橋本病は治る? (はしもとびょうはなおる?)

  • 橋本病
  • 甲状腺の病気の治療
  • 甲状腺ホルモン
橋本病は「一生涯検査や治療が不要な状態」になることはありませんが、「投薬の必要が無い」場合や「投薬によって病気の無い方と同様の状態に維持する」ことはできます。
橋本病で認める抗甲状腺自己抗体(抗Tg抗体、抗TPO抗体など)は血液検査をするたびに数値が変動し、時に正常範囲となることもあります。しかしながら、抗甲状腺自己抗体が正常範囲内になったからといって橋本病が治ったというわけではありません。
また、橋本病と診断された患者様で甲状腺機能低下症をきたす方は20-30%程度のため、甲状腺ホルモンが正常だからといって「橋本病ではない」または「橋本病が治った」、というわけでもありません。

橋本病と診断されたとしても甲状腺ホルモン値が正常範囲内であれば通常治療の必要はありませんが、今後甲状腺機能が低下する可能性がありますので定期的に血液検査を受けて経過をみていく必要があります。
甲状腺機能が低下した場合には、甲状腺ホルモンの補充を行うと甲状腺機能が正常な方と変わらない状態となりますが、投薬によって橋本病や甲状腺機能低下症が治るわけではありませんので、内服を継続する必要があることにも注意してください。