2021.09.25

橋本病の症状 (はしもとびょうのしょうじょう)

  • 全身症状
  • 橋本病
  • 甲状腺の病気の症状
  • 甲状腺ホルモン
  • 首の症状

橋本病とは

橋本病は、 免疫の異常により 自らのリンパ球が自身の甲状腺組織を 攻撃・ 破壊して、甲状腺に慢性の炎症が生じる 自己免疫の病気です。 程度によっては甲状腺のはたらきが低下して、分泌することができる甲状腺ホルモンの量が少なくなってしまいます。甲状腺機能低下症を来す代表的な疾患です。

橋本病の症状について

多くの場合、甲状腺が大きくなります。甲状腺機能が正常の間には、症状がみられませんが、甲状腺ホルモンが不足してくると、全身の代謝が低下するため、体のさまざまな はたらき が 低下します。精神機能が低下することによって眠気、記憶障害、抑うつ、無気力を生じます。
皮膚は乾燥し、毛がぬけたり、指で押しても跡を残さないむくみを生じたりします。また声帯がむくむために声がかすれることもあります。消化管運動の低下により便秘になったり、 心臓機能の低下により脈が遅くなったりします。他には体重増加、寒がり、疲労感がよくみられます。