2021.09.15

バセドウ病と首の症状 (ばせどうびょうとくびのしょうじょう)

  • バセドウ病
  • 甲状腺の病気の症状
  • 首の症状

首の腫れ

バセドウ病は、診断基準にもあるように甲状腺がびまん性に腫大する病気です。
頸部の腫大が大きいときには、特に下を向くときに違和感が強くなります。
甲状腺は弾性に触知され、未治療時には内部の血流量は増加しており、聴診器を当てるとしばしば血管雑音(bruit)が聴取されます。
子供や体格の良い男性などでは、頸部の腫大が著明に見えても脂肪や筋肉のつき方により、甲状腺は見た目ほど大きくないことがあります。一方、高齢者のバセドウ病では、甲状腺腫が認められない方も多くいます。

腫れた部分へのマッサージはNG

首が腫れているとついつい手で圧をかけてしまいそうになりますが、甲状腺自体をマッサージするなどは極力控えてください。外から力が加わることで甲状腺組織にダメージを与えてしまい、内部で出血を起こす危険性がありますので、お勧めしません。

バセドウ病と橋本病の首の腫れ比較