2021.09.01

バセドウ病と橋本病の違い、甲状腺の病気の違い (ばせどうびょうとはしもとびょうのちがい、こうじょうせんのびょうきのちがい)

  • バセドウ病
  • 橋本病
  • 甲状腺の病気
  • 甲状腺の病気の症状
  • 甲状腺ホルモン

バセドウ病と橋本病の違い

バセドウ病も橋本病も、甲状腺を標的にする自己免疫反応で起こります。バセドウ病は甲状腺機能亢進症となる病気であり、逆に、橋本病は甲状腺機能低下症となる病気です。

バセドウ病の主な自覚症状

  1. 1.首元が腫れている
  2. 2.疲れやすくなった
  3. 3.イライラして、落ち着かなくなった
  4. 4.発汗が多く、暑がりになった
  5. 5.動悸がしたり、手足に震えがでる
  6. 6.食事量が変わらないのに体重が減る
  7. 7.寝つきが悪く、不眠傾向となった
  8. 8.下痢気味になった
  9. 9.目が突き出ているように感じる
  10. 10.月経不順、無月経

橋本病の主な自覚症状

  1. 1.首元が腫れている
  2. 2.疲れやすくなった
  3. 3.無気力になることが多い
  4. 4.寒がり、冷え症になった
  5. 5.こむら返りが生じる
  6. 6.食事量が変わらないのに、体重が増える
  7. 7.睡眠はとれているのに、眠気がある
  8. 8.便秘気味になった
  9. 9.顔がむくんでいるように感じる
  10. 10.月経不順、月経過多

腫大した甲状腺の形状の違い


①びまん性甲状腺腫大;甲状腺が全体的に腫大している
例、バセドウ病、橋本病など

②甲状腺炎;甲状腺が部分的に腫大している
例、亜急性甲状腺炎

③甲状腺腫瘍;甲状腺内に腫瘍(しこり)ができる
例;腺腫様甲状腺腫

 

関連記事