2021.09.30

甲状腺腫瘍とは 原因や良性結節と悪性腫瘍の違いなど (こうじょうせんしゅようとは げんいんやりょうせいけっせつとあくせいしゅようのちがいなど)

  • 原因
  • 甲状腺がん
  • 甲状腺の病気
  • 甲状腺ホルモン
  • 甲状腺腫瘍

甲状腺腫瘍とは 原因や良性結節と悪性腫瘍の違いなど

甲状腺腫瘍は、甲状腺の内部にできる腫瘍で、良性と悪性に分類されます。
良性腫瘍の場合、原因の多くは不明です。一方で、悪性腫瘍の場合、甲状腺細胞でいくつかの遺伝子変異が認められることがあります。
放射線や環境因子もがん化に関与していると指摘されています。髄様がんでは遺伝性のものもあります。診断には、超音波検査を穿刺吸引細胞診が最も重要です。良性腫瘍は、近接臓器への浸潤や遠隔転移などがないため、一般的に経過観察されます。
しかし、一部に悪性を疑う所見が認められる場合、サイズが大きくなり頸部の圧迫症状や美容的な問題が生じる場合には手術がすすめられることがあります。
一方で、悪性腫瘍では、予後良好な1cm以下の微小乳頭がん以外は、甲状腺切除術が行われることが多いです。

甲状腺腫瘍とは

甲状腺にできるしこりや結節のうち、腫瘍性に増殖したものを「甲状腺腫瘍」といいます。甲状腺腫瘍は、良性と悪性に分けられ、それぞれ治療方針も異なります。良性腫瘍には濾胞腺腫があります。過形成と呼ばれる正常組織と同じ増殖様式を示す腺腫様甲状腺腫、液体成分の貯留が主な成分である嚢胞なども含めて、広く良性結節に分類されます。悪性腫瘍には乳頭癌・濾胞癌・髄様癌・低分化癌・未分化癌および悪性リンパ腫などに分けられ、乳頭癌・濾胞癌をあわせて甲状腺分化癌とよびます。

甲状腺の腫れ方には、甲状腺全体が腫れる「びまん性甲状腺腫」と、部分的なしこりのような晴れになる「結節性甲状腺腫」があります。臨床的に発見される結節性甲状腺腫の大部分は治療を必要としない良性結節です。いずれも20〜50歳代女性に多く見られ、自覚症状があまりないのが特徴です。

結節性甲状腺腫の分類と頻度

甲状腺腫瘍の診断

甲状腺に限らず、 結節病変がみつかると、 それが、 がんであるかどうかがもっとも心配となるところです。そこで様々な検査をおこない、それが良性か悪性か、 悪性であればどういった性質のものなのかを調べます。
まず既往歴や家族歴の問診をおこなったのち、 血液検査と超音波検査を実施します。その後、 気になる結節に対して穿刺吸引細胞診 (細い注射針を刺して細胞を吸引し、 その形態を顕微鏡で診断する検査) をおこないます。 超音波検査で見たところ小さく、あきらかに良性と考えられるものは、穿刺吸引細胞診を実施しないこともあります。 多くの場合、この段階で悪性か良性かの診断がつきます。

甲状腺腫瘍の原因

良性結節の場合、原因の多くは不明です。
一方で、悪性腫瘍の場合、甲状腺細胞内で特定の遺伝子変異が認められることがあります。放射線や環境因子もがん化に関与していると指摘されています。
髄様がんでは約40%が遺伝性ですが、髄様癌以外で家族性のものは約2〜5%程度にとどまります。

>>>「甲状腺がんの原因」へ

良性結節について

良性結節と診断された場合、 体に害を及ぼすことはほとんどありませんので多くは治療を必要としません。
経過観察(おおむね 1年ごとの検査) をします。
経過をみているうちに増大することもありますが、 長期間ほとんど変化しないことが多く、なかには縮小することもありますです。 ただし次のような場合には手術をお勧めしています。甲状腺良性結節の5%くらいが手術の適応となります。

1. 良性と考えられるが悪性も否定出来ない(超音波検査で疑い、触診で硬い)
2. 血清サイログロブリン値が高値
3. 充実性で4cm以上の大きさ
4. 経過観察中に増大する
5. 縦隔まで進展する
6. 気管、食道への圧排が強い
7. 圧迫感が強い
8. 結節で甲状腺ホルモンの過剰産生
9. 美容上の理由
 

悪性腫瘍について

甲状腺癌は種類によって生物学的特徴が大きく異なります。
したがって、検査や適切な治療法、予後が違うので注意が必要です。
いずれも女性の方が男性より罹患率が高く、年齢分布は乳頭癌と濾胞癌のピークが50歳代で、未分化癌のピークが 60〜70歳代であり、40歳未満はまれです。

>>>「甲状腺がん」へ