2021.09.25

甲状腺ホルモンの働き (こうじょうせんほるもんのはたらき)

  • ヨウ素
  • 全身症状
  • 原因
  • 甲状腺ホルモン

甲状腺ホルモンの主な働きは、新陳代謝の促進

甲状腺は、首の前面・喉仏(のどぼとけ)のすぐ下にある、横幅4〜5cm程度の臓器です。蝶々が羽を広げた時の形に似ていますが、とても柔らかいため、腫れている場合や硬くなってきた場合を除き外から触ってもわかりません。ここでは「甲状腺ホルモン」が生成されます。
甲状腺ホルモンは、血液に乗って全身の細胞に影響を与え、新陳代謝を活発にする働きを持っています。
他にも、神経や骨、精神状態にも関わり、子どもの成長や発育にも必要な、人間にとってなくてはならないホルモンです。
甲状腺ホルモンは、海藻に多く含まれているヨウ素(ヨードともいいます)を含んでいることが大きな特徴です。
 
甲状腺ホルモンには、
・4つのヨウ素を含むサイロキシン(T4)
・3つのヨウ素を含むトリヨードサイロニン(T3)
の2種類があります。 甲状腺では主にT4が作られますが、肝臓などで活性型のT3に変換されることでホルモンとしての働きを発揮します。
 
>>>「甲状腺ホルモンとは」へ

ホルモンの働きをコントロールする「下垂体」

脳の直ぐ下のちょうど目の奥辺りに下垂体という小さな内分泌臓器があります。
下垂体は、血液中の甲状腺ホルモンなど多くのホルモンが一定の値を維持できるようにコントロールしている、内分泌の司令塔のような役目を果たしています。
下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(TSH)が甲状腺を刺激し、甲状腺ホルモン(T4,T3)の分泌を促します。一方、甲状腺ホルモンが多すぎるとTSHは少なくなって甲状腺ホルモンを一定に保とうとします。

甲状腺ホルモンが多すぎる時の症状

甲状腺ホルモンの分泌量が多すぎると、必要以上に全身の代謝が高まります。
ちょっとした運動でも脈拍が上がります。
他にも、体温が上がったり、腸が異常に働いて下痢になったり、しっかり食べているのに痩せていったり、イライラしたり興奮しやすくなるなどの症状が現れます。
 
よくある症状
 
・脈が速くなる
・疲れやすくなる
・汗をかきやすくなる
・よく食べているのに痩せる
・指先が震える
・落ち着きがなくなる
・イライラしやすくなる
・軟便になったり下痢をしたりする
・子どもの成長が急に早くなる
・手足に力が入らない
・体温が上がる(微熱)

甲状腺ホルモンが少なすぎる時の症状

反対に甲状腺ホルモンが不足すると、心身の働き全体が低下します。ただし、初期の段階では症状があまり出ないことも多く、注意が必要です。
なお、甲状腺がんなどの手術で甲状腺を全部切除すると甲状腺ホルモンは当然出なくなりますが、適切な量の甲状腺ホルモンを飲むことで何の支障もなく生活することができます
 
よくある症状
 
・動作が鈍くなる
・常に眠くなる
・寒がり、冷え性になる
・筋力が低下する
・便秘がちになる
・食事量は増えていないのに体重が増える
・汗をかかない
・子どもの成長が悪くなる

関連記事

>>>「甲状腺ホルモンバランスについて」へ
>>>「ホルモン検査」へ
>>>「甲状腺ホルモン薬」へ
 
>>>隈病院トップページ