• TOP
  • 隈病院ニュース
  • 当院職員デザインの国際内分泌外科学会のロゴマークが採用されました。

2019.06.01

当院職員デザインの国際内分泌外科学会のロゴマークが採用されました。

最近、国際内分泌外科学会、International Association of Endocrine Surgeons, IAESの新しいロゴマークのコンペティションがありました。

1回目の選定会議ではその時点で各方面から提出された案がいずれも不採用となりました。そのため、IAESのSecretary Treasurer Pasieka教授から改めてロゴマークの募集について学会会員に協力の呼びかけがありました。そこで、診療情報管理科の宮内美和にロゴマークの作成を依頼いたしました。

宮内美和が作った3つの図案をPasieka教授に作成者を隠して提出いたしました。現在私はIAESのPresident-electですので、この立場がロゴマークの選定に影響を与えてはいけないと考えたからです。Pasieka教授からは、いくつかの図案が作成者を隠して提示され、IAESの理事たちによる投票が行われました。その結果、宮内美和制作のロゴマークが一位を獲得し、新しいロゴに採用されました。

すでにIAESのホームページで使用されています。なお、宮内美和は、Doubling Time, Doubling Rate & Progression Calculator (https://www.kuma-h.or.jp/about/663/) のデザインも担当してくれました。大変喜ばしいことですので、ご報告申し上げます。

院長 宮内昭

 

IAES

IAES

隈病院ニュース