2019.08.08

韓国のテレビ局が甲状腺微小癌の積極的経過観察について取材

8月6日〜8日にかけて韓国のテレビ局が当院で世界に先駆けて1993年から行っている低リスクの甲状腺微小乳頭癌の積極的経過観察について取材に来ました。予め隈病院についての詳しく知りたい、微小癌を手術しないで経過を見ることについて詳しく説明して欲しい、経過観察をしている患者さんにインタビューしたいとの申し入れがあったので、院長宮内から隈病院のことと甲状腺微小癌の経過観察についてパワーポイントを使って説明しました。また、経過観察を受けている2名の患者さんのご協力を得て、インタビューを受けて頂きました。

韓国では国の方針として甲状腺癌検診を行ったため、小さい甲状腺癌が大量に発見され、たった8年間で甲状腺癌の頻度が15倍に上昇しました。しかし、甲状腺癌による死亡は減少せず、手術の合併症で苦しむ患者さんが急増してしまいました。その反省から、韓国でも低リスクの甲状腺微小乳頭癌に対する積極的経過観察が行われ始めています。今回の取材が韓国の甲状腺微小癌の患者さんの適切な取り扱いに多少とも貢献するのではないか期待されます。なお、今回の取材番組は韓国JTBCチャンネルで9月15日(日)に放映される予定とのことです。

隈病院について説明する宮内院長

隈病院について説明する宮内院長

甲状腺微小乳頭癌の積極的経過観察について取材を受ける宮内院長

甲状腺微小乳頭癌の積極的経過観察について取材を受ける宮内院長

隈病院ニュース