90th
隈病院
90th
隈病院
隈病院の歩みを見る
隈病院、知と心のイノベーション
HISTORY

2022年12月、
隈病院は創立90周年を迎えます。

2022年12月、
隈病院は創立90周年を迎えます。

積み重ねた知を、次なる道へ。

1932年の開院以来、
患者と甲状腺疾患を見つめつづけてきた隈病院。
常に身体と心の両面から
患者に寄りそってきたその道のりは、
診療への深い探求と、新たな発見の歴史でした。
90周年を迎え、これまで培ってきた
知見と技術を束ね、
新たな道への扉を開く時。
隈病院の歩みを見る
隈病院、知と心のイノベーション
HISTORY

その時、次なる道は拓いた。

甲状腺専門である隈病院は、
どのような道を歩んできたのか。
過去の写真や資料とともに振り返ります。
日々、医療に邁進する鎮雄に、
決断の時が迫っていた。

「甲状腺医療の発展のために、
独立しないか?」

野口病院の院長、野口雄三郎からの
要請があったのは1932年のことだった。
太平洋戦争勃発時に軍医として招集された、
隈病院のすべての医師が、終戦時には無事に復員。

隈病院は新しい時代へと
向かおうとしていた。

同時に、甲状腺がんの

アイソトープ治療専用病室

も増設され、
本格的なアイソトープ治療が開始された。
経営的な状況を元に戻すのに
約2年の月日を要したものの、隈病院は

次なる飛躍の時を
迎えようとしていた。

宮内院長との二人三脚のもと、
医師が医療や研究に専念できる環境が整備され、

医療現場と経営の両輪が
力強く回りはじめる。