2021.05.10

甲状腺クリーゼとは 症状や治療法について (こうじょうせんくりーぜとは しょうじょうやちりょうほうについて)

  • ストレス
  • 全身症状
  • 甲状腺の病気
  • 甲状腺の病気の症状
  • 甲状腺ホルモン

甲状腺クリーゼとは

甲状腺中毒症(血中甲状腺ホルモン濃度が高い病態)では、高熱、循環不全、ショック、意識障害などを来たして生命の危険を伴う場合があります。
このような生命を脅かすような甲状腺中毒状態は甲状腺クリーゼと呼ばれ、致死率は10%以上と報告されています。
甲状腺クリーゼは、甲状腺中毒症の方で未治療あるいは甲状腺ホルモンのコントロールが不良な状態の方に、なにか強いストレスが加わることで発症するとされています。
多臓器における重篤な症状を特徴とし、嘔吐・下痢や黄疸を呈することもあります。しばしば感染や手術などのストレスを誘因として発症します。
治療は、ほとんどの場合バセドウ病を基礎疾患としていますので、大量の抗甲状腺薬、無機ヨウ素薬、副腎ステロイドを投与します。また、各臓器の専門家と協力して全身的な治療を行います。

主な症状

1 中枢神経症状:
・不穏 (叫んだり暴れるなどしやすい状態)
・せん妄 (言動に一時的な混乱が見られる状態)
・精神異常、傾眠(けいみん) (意識が混濁しやすい状態)
・痙攣
・昏睡

2 38℃以上の発熱

3 1分間に130回以上の頻脈 (甲状腺中毒症では1分間に100回以上が多い)

4 心不全症状
・肺水腫 (血液の液体成分が血管の外へ滲み出している状態)
・肺野の50%以上の湿性ラ音 (肺の異常音)
・心原性ショック (心臓の働きが急激に低下し、全身の臓器の働きが低下する状態)

5 消化器症状
・吐き気
・嘔吐・下痢
・黄疸

主な治療法

集中治療室にて、呼吸や血圧の管理を必要とします。血中の甲状腺ホルモンを減らすために、ホルモンの合成や分泌を抑える甲状腺薬や無機ヨウ素を投与したり、甲状腺ホルモンの作用を減弱するために、副腎皮質ホルモン(ステロイド)の投与を行います。
それと同時に、発症のきっかけとなっている原因についても治療を行います。

(1) 甲状腺ホルモン産生・分泌の減弱
バセドウ病による場合、大量の抗甲状腺剤と無機ヨードを投与

(2) 甲状腺ホルモン作用の減弱
βブロッカーや副腎皮質ホルモンの投与

(3) 全身管理
一般的緊急処置、十分な輸液と電解質補正、身体の冷却と解熱剤

(4) 誘因除去

さいごに

バセドウ病の治療中に、薬の服用をご自身の判断で止めてしまったりした際に多く発症しています。
定期的な受診と規則的な薬の服用を心がけることが大切です。また、高熱が出たり意識がもうろうとした時などには、甲状腺クリーゼの可能性が考えられますので、なるべく早く医師にご相談ください。